ゆく夏

今年も夏が終わろうとしています。
来年も夏はやってくるのに、夏の終わりはどこか寂しく切ない気持ちになります。
終わりゆくものや移りゆくもの、儚いものに、
刹那さや美しさを感じるのは日本人特有の感性と言われています。

夏の終わりの線香花火はノスタルジックな世界へと導いてくれます。
「最後まで火玉が落ちなければ願い事が叶うよ。」
そんな遠い記憶を懐かしく思いながら、今夜はこの一本に願いを込めて。

 
 

関連記事