1. HOME
  2. お知らせ
  3. 『しふく』のご案内

『しふく』のご案内

『日本料理との美の競演を織りなす究極の一本』

季節感を大切にし素材本来の味を生かす日本料理、
その盛り付け、そして供されるひと時や空間。
そこに美を見出したこの国の感性をワイン造りへと注ぐ。
甲州ぶどうの苦みを抑え、そぎ落として精髄だけを残すことで凛とした味わいが生まれる・・・。

『椀物×しふく』
出汁の旨味と四季折々の素材本来の味を生かし、
できる限りそぎ落として作られた「椀物」と、同じ志で造られたワイン「しふく」の
凛としつつ、しなやかで奥ゆかしい「にっぽんのマリアージュ」をお楽しみください。

『しふく』~ワインの夜明けは、この国から始まる~

四季折々の豊かな自然の恵みを、匠の技で磨き続けてきた日本料理。
それをさらなる高みに導くことを求め、京料理・木乃婦の三代目主人 高橋拓児氏と
マンズワインが日本の大地で育んだ葡萄を新たな和の感性で醸造し、
かつてない美しいワインができました。
日本の美意識のもとにつくられた究極のワインは、日本料理とともにいただくことで、
美の競演ともいうべき新しい世界を織りなします。

仕覆(しふく)とは、茶入れなど大切な茶道具を包む袋のこと。
遮光にて栽培する甲州ぶどうは、まさにこの仕覆で包まれた茶道具を連想させます。
このワインを象徴する遮光栽培の袋かけを、貴重なものを包む仕覆に見立てて、
至福のひと時をお届けしたいという想いを込めて「しふく」と名付けられました。

フレッシュな和柑橘の香りと上品な甘味、
わずかに感じる心地よい苦みが繊細な日本料理に寄り添い、
日本ならではのマリアージュをお楽しみいただけます。
~相手を思いやり、そっと寄り添う・・・一歩前でも後ろでもなく~

是非この機会に、しふくと和食で至福の時をお過ごし下さい。

 

関連記事