時代を越える味とおもてなし

時代を越える味とおもてなし

明治の初めの文明開化のころ、大久保利通や政府の要人たちは、
牛肉を食べなければ西洋人と話もできないとばかりに横浜まで出向いて牛肉を食べたといいます。
明治5年(1872)、天皇陛下が牛肉を食されたとの報道が全国を巡り、一気に牛肉に対する熱が高まりました。
明治10年(1877)には浅草を中心に五百軒近い数の牛鍋屋が元気に営業していたといわれます。
「すき焼・しゃぶしゃぶ 京香」は、ちょうどその時代の明治17年(1884)に創業。
当時の屋号を「角海老」といい、福島県で始めての牛鍋店でした。

おいしいものをたくさんの皆様に、という創業からの思いは今も変わらず大切に受け継がれております。
これからも時代を超えてお喜びいただける味とおもてなしに心を尽くしてまいります。

五代目店主